書籍出版のお知らせ

この度、柴崎ゆのんが執筆した「精子提供者がみた世界と今後みる世界」を出版させていただきました。
これまで5年間の精子提供活動経験をもとに精子提供の現状や精子提供による妊娠、出産のリアルな内容を記しています。これから、精子提供を希望する方や精子提供の現状を知りたい方にぜひとも一読いただけたら幸いです。

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は当活動を通じ、2名の懐妊と3名の出産という嬉しい報告がございました。そして、これまで5年間の活動の中ではじめての経験をいたしました。

それは双子の懐妊です。これまで経験した妊娠、出産の報告はどれも尊く、とても嬉しい出来事ですが、双子の懐妊は何とも言いがたい、更なる尊さと生命の神秘を改めて感じさせる出来事でした。

そして、この出来事を機に本年も世の中の逆境にくじけず、子どもを授かりたい方たちの希望を叶えるために全力を尽くしていきたい思うことができました。

今年もよろしくお願い致します。

柴崎

メディアの取材につきまして

近頃、数件とある雑誌からの取材依頼をいただきました。とてもありがたいことです。ですが、私なりに検討した結果、今はすべてお断りさせていただきました。

理由は、現在のAID(非配偶者間人工授精)における日本の法整備は未熟であり、世間ではまだまだアンダーグラウンドな部分があります。そんな中、私のような取材に不向きな人が無理にメディアに露出することより、AIDの誤解が生じさせ、逆に世間をも誤解させてしまうのではないかという不安がありました。

なので、メディアの取材はもう少しお待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。

柴崎

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策として、提供時や面談時にマスクの装着、手のアルコール消毒を行っております。体温が37.5℃以上ある場合や体の調子が悪い場合は、提供や面談を延期させていただく場合がございます。

尚、新型コロナウィルスにより、提供中止、提供希望者の募集中止などは考えておりませんので、ご安心ください。

よろしくお願いいたします。