ブログ

AID(非配偶者間人工授精)の現状について

近頃、AIDに関するご相談、お問い合わせが増えてきたため、AIDの現状について少しお話いたします。

はじめに、人工授精は主にAIH(配偶者間人工授精)とAID(非配偶者間人工授精)との2つに分けられます。これらの違いは、配偶者間、つまり、夫の精子を用いて人工授精を行うか、行わないかのちがいです。夫婦間での不妊治療で行われる人工授精は主にAIHとなります。

そして、第三者の精子を用いて行う人工授精AIDは、社会的マイノリティーの方、すなわち、LGBTやGID、そして、SMC(選択的シングルマザー)など社会的少数派の方へ行われる人工授精です。アメリカをはじめ、海外ではAIDは一般的になりつつありますが、現在の日本ではまだまだ知られておらず、AIDという言葉すら存じない方も多いようです。

そのため、現在の日本ではAIDのための法整備や保険などほとんどなされておらず、社会的マイノリティーの方がお子さまを望んでいても、お子様を授かるための選択肢がかなり限られているのが現状です。

また、AIDによる倫理観も定まっておらず、施術可能な医療施設はとても少ないです。これは、日本産婦人科協会にてAIDの施術は前向きではないからだそうです。

さらに最近では、国内唯一、AIDによる人工授精を前向きに行い、国内で最も多く行なっていた慶應大学病院が精子ドナー不足のため、新規の受け入れを停止したようです。このような状況から、現在の日本では医療施設にてAID施術を行うことが徐々に難しくなっています。

そのため、現在の日本でAIDを行うためには、私のような個人で精子提供を行なっている方やボランティア組織に依頼することが唯一の方法となりつつあります。そして、この現状でAIDの成功を導くためには信頼できるドナーに巡りあうことができるかが大切なポイントとなることでしょう。

今後AIDを考えている方に少しでも参考になればと思います。そして、社会的マイノリティーと呼ばれる方たちが将来、安心してお子さまを授かることができる社会が実現できることを心よりお祈りしております。

精子提供方法についてのお知らせ

これまでクール便での提供を行っていましたがここ最近、一部荷物の不届きや管理などの問題があったため、現在クール便での提供を一時中止しております。

そのため、現在は都内在住の方への出張提供のみを行っております。

よろしくお願い致します。

精子提供再開しました。

ここ数ヶ月、精子提供希望者の増加により、提供を一時停止しておりました。
ですが、数名ご懐妊に成功したため、提供をこの度、再開いたします。

精子提供希望者は、当サイトのお問い合わせページから問い合わせ願います。

また、ゆのんの種は、以下の条件に同意いただける方のみ提供させていただいております。

  • 経済的に自立している
  • 精神疾患がない
  • 愛情いっぱいに子供を育てられる

また、責任の範囲に関しましては、

  • 出産された子供の養育・家族との関係などは一切責任を負いかねます。
  • 出産にかかる費用・養育費の全ては、私はその一切を負担しかねます。
  • 生まれてきた子供の認知はいたしかねます。
  • 万が一、生まれてきた子供に障がい、奇形など先天的な特徴を持っていたとしてもその責任は一切負いかねます。

宜しくお願いいたします。

ゆのん

安心安全にシリンジ法が行えるおすすめのシリンジキット

シリンジ法を的確にそして、安全に行うためにはシリンジキットの選択は大切です。

僕はこれまで、精子の提供にはシリンジ、カテーテルを別々に取り寄せ独自のシリンジキットを利用していました。 続きを読む 安心安全にシリンジ法が行えるおすすめのシリンジキット

精液採取後16時間経った精子をTENGAルーペで見てみた

最近では、自宅で簡単に自分の精液中の精子を見ることができるキットが出てきました。

その一つにTENGAルーペがあります。

TENGAというと男性の大人グッズを扱う有名な企業です。まさか、精子を見るためのルーペを販売するなんて驚きです。 続きを読む 精液採取後16時間経った精子をTENGAルーペで見てみた

精子提供の前に知っておきたい妊娠しやすいタイミング

1ヶ月で妊娠できる日が6日間あります。

射精された精子は女性の体内で長くて5日、平均すると3日間生きています。

ただし、射精された精子は99%膣内で死んでしまいます。

精子が長く生きていられるのは子宮頸管の中で、射精された精子は、頸管内の頸管粘液の中に蓄えられ、そこから卵管に送り出されるそうです。 続きを読む 精子提供の前に知っておきたい妊娠しやすいタイミング

妊娠しやすい体を作るための食ベ物について

食べるものは、血となり骨となり肉となる重要な要素であり、妊娠しやすい体を作るために食生活を正すことはとても大切です。

現代の食生活ではコンビニエンスストアで買ったお弁当ばかり食べたり、糖分や塩分(食塩)が過多になり栄養バランスを崩しがちです。 続きを読む 妊娠しやすい体を作るための食ベ物について