AID(非配偶者間人工授精)の現状について

近頃、AIDに関するご相談、お問い合わせが増えてきたため、AIDの現状について少しお話いたします。

はじめに、人工授精は主にAIH(配偶者間人工授精)とAID(非配偶者間人工授精)との2つに分けられます。これらの違いは、配偶者間、つまり、夫の精子を用いて人工授精を行うか、行わないかのちがいです。夫婦間での不妊治療で行われる人工授精は主にAIHとなります。

そして、第三者の精子を用いて行う人工授精AIDは、社会的マイノリティーの方、すなわち、LGBTやGID、そして、SMC(選択的シングルマザー)など社会的少数派の方へ行われる人工授精です。アメリカをはじめ、海外ではAIDは一般的になりつつありますが、現在の日本ではまだまだ知られておらず、AIDという言葉すら存じない方も多いようです。

そのため、現在の日本ではAIDのための法整備や保険などほとんどなされておらず、社会的マイノリティーの方がお子さまを望んでいても、お子様を授かるための選択肢がかなり限られているのが現状です。

また、AIDによる倫理観も定まっておらず、施術可能な医療施設はとても少ないです。これは、日本産婦人科協会にてAIDの施術は前向きではないからだそうです。

さらに最近では、国内唯一、AIDによる人工授精を前向きに行い、国内で最も多く行なっていた慶應大学病院が精子ドナー不足のため、新規の受け入れを停止したようです。このような状況から、現在の日本では医療施設にてAID施術を行うことが徐々に難しくなっています。

そのため、現在の日本でAIDを行うためには、私のような個人で精子提供を行なっている方やボランティア組織に依頼することが唯一の方法となりつつあります。そして、この現状でAIDの成功を導くためには信頼できるドナーに巡りあうことができるかが大切なポイントとなることでしょう。

今後AIDを考えている方に少しでも参考になればと思います。そして、社会的マイノリティーと呼ばれる方たちが将来、安心してお子さまを授かることができる社会が実現できることを心よりお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です